このページの位置:
ホーム > 島根県高等学校体育連盟について > 高等学校統廃合に伴う合同チームでの大会参加について

高等学校統廃合に伴う合同チームでの大会参加について

(県高体連主催の大会、中国高体連主催の大会、全国高校総体の開催基準要項)

○参加資格

統廃合の対象となる学校については、当該校を含む合同チームによる大会参加を認める。

1、本県の統廃合のケース
統廃合当該校21年度22年度23年度 
学年   
○○高校×××      
△△高校×××      
□□高校   

(財)全国高体連の複数合同チームのあり方・基本的な考え方

学校の統廃合に伴う複数校合同チームの参加について

  1. 学校の統廃合は、行政的な問題であるので、平成9年度から、全国高体連では、統廃合の対象となった学校の部同士が合同チームを組み全国高校総合体育大会への参加を認めている。
    ただし、統廃合の予定があっても、単独チームでの出場も可とする。
  2. 一人の選手が、単独チームと合同チームの両方からの大会出場はできない。

※合同チーム結成上の疑問点

  1. 競技別、男女別で合同チームの結成に違いが生じても良いか。 → 生じても良い。
  2. 年間を通して同じ合同チームで活動しなければならないか。(年度途中の変更については可能か 単独から合同、合同チームの組み方の変更等) → 途中変更も良い。
  3. 合同チームを組む場合、それぞれの学校の部員数が大会参加に不足する部の場合だけか。 → 不足する部だけでなくて参加は良い。
  4. 合同チームはA、B、C 校の間のみしか 結成できないか。(統廃合の対象校) → その通り
  5. A+B、A+C、A+B+C、B+Cの組合せは可能か。 → 可能
  6. C校の生徒をA・Bに振り分けることは可能か → 不可
  7. 各競技団体への登録は各学校、個人単位で行うか。(合同チームの登録は) → 競技団体、専門部に任せる。
  8. 大会参加におけるチーム名、監督等については → チーム名は連名で
  9. ユニホームの校名は → 統一したものを着用
  10. 大会参加料は→専門部に任せる。基本的には1チームである。

△このページの先頭へ