このページの位置:
ホーム > 島根県高等学校体育連盟について > 島根県高等学校体育連盟賞表彰規程

島根県高等学校体育連盟賞表彰規程

(趣旨)

第1条
本規程は、本県高等学校体育連盟加盟校の生徒、教育職員及び外部指導者(県高体連届出外部指導者)で、高校スポーツの向上発展に寄与した者を表彰しその功績をたたえるため定める。

(表彰の種類)

第2条
表彰としては、次の各号を定める。
  1. 高体連特別優秀選手賞(以下「特別優秀選手賞」という)
  2. 高体連優秀選手賞(以下「優秀選手賞」という)
  3. 高体連優秀指導者賞(以下「優秀指導者賞」という)
  4. 高体連功労賞(以下「功労賞」という)

(選考方法)

第3条
受賞者選考のため選考委員会を設置する。
第4条
選考委員は高体連常任理事をもって当てる。
第5条
受賞者の決定は選考委員会において選考し理事会に報告する。

(選考基準)

第6条
次の各賞については、各該当する者から選考委員会が受賞者を選考する。
  1. 特別優秀選手賞については、次は(1)(2)号のいずれかに該当する者で、かつ(3)号に該当する者から選考する。
    1. (1)統括競技団体から日本代表として推薦され国際大会へ出場した生徒。
    2. (2)全国大会で優勝した生徒とし、団体優勝においては大会にエントリーした生徒。
    3. (3)本県高体連専門部種目において、各専門部から推薦され当該校長が人物学業ともに良好と認める生徒。
    4. (4)会長が特に功績顕著と認めた選手。
  2. 優秀選手賞については、次の各号に該当する者から選考する。
    1. (1)中国大会(中国高校選手権、全国選抜中国予選及び中国新人大会)1位又は全国大会(全国高校総体、全国高校定通大会、全国高校選抜及び全国高校選手権)8位以内に入賞した生徒とし、団体においては大会にエントリーされた生徒。但し、特別優秀選手賞の受賞該当者は除くものとする。
    2. (2)全国的な権威のある体育団体から優秀選手として指名された生徒又は特に表彰に値する功績をあげた生徒。但し、原則として前号の大会とする。
    3. (3)本県高体連専門部種目において、各専門部から推薦され当該校長が人物学業ともに良好と認める生徒。
    4. (4)会長が特に功績顕著と認めた選手。
  3. 優秀指導者賞については、次の各号に該当する者から選考する。
    1. (1)特別優秀選手賞又は優秀選手賞の受賞に該当する個人及び団体の指導に功績があった指導者で、各専門部及び該当校の校長から推薦された教育職員(校長・副校長・教頭・主幹教諭・教諭・講師・実習教員・養護教諭・養護助教諭)及び外部指導者
    2. (2)会長が特に功績顕著と認めた指導者
  4. 功労賞は、次に該当する者から選考する。ただし、特別優秀選手賞および優秀選手賞に該当しなかった者を対象とする。
    1. (1)3年間部活動に精励し、出席(3年間皆勤・精勤またはそれに準ずる)および学業が良好と認められ、校長が推薦した3年生の生徒。なお、推薦は一校につき1名以内とする。

(表彰)

第7条
特別優秀選手賞および優秀選手賞の表彰は、毎年度行う。ただし、優秀指導者賞は、同一校同一競技種目1回限りとする。
  1. 受賞者には、表彰状並びに副賞を贈呈する。

(規程の改廃)

第8条
本規程の改廃は高体連理事会において行う。

(付則)

第9条
本規程は平成28年4月18日より施行する。
昭和47年2月
制定
昭和57年4月
一部改正
昭和63年4月
一部改正
平成 3年4月
一部改正
平成 8年4月
一部改正
平成11年4月
一部改正
平成13年4月
一部改正
平成15年4月
一部改正
平成18年4月
一部改正
平成22年4月
一部改正
平成23年4月
一部改正
平成25年12月
一部改正
平成27年4月
一部改正
平成28年4月
一部改正

△このページの先頭へ