このページの位置:
ホーム > お知らせ > 【事務局ブログ】松江の力士あらわる!

【事務局ブログ】松江の力士あらわる!

相撲.jpg

日本の国技で活躍している先輩 紹介します!

大相撲で島根県出身の現役力士は6名いるのは知って

いましたか?

隠岐の島町出身の"隠岐の海"が活躍していますが、

今回 なんと!

昨年 相撲界へとびこんだ松江市出身の"三島"こと

三島慧太さんとお話することができました。

        写真2.jpeg

                 (インタビュアーは事務局長)

◎中学はソフトテニス部、高校はレスリング部と

全く違う競技をやろうと思ったきっかけは?

「友達が入部するから一緒に入った。」と

なんとなくだったようです。

◎レスリングをやって良かったことは?

「毎日の練習はとてもきつかったけど、試合で練習成果が

発揮できて勝つことができるようになり、達成感

があった。部活動をとおして体力的にも精神的にも

強くなった。そのおかげで稽古でも頑張れていると思う。

部活動の中では自分の居場所を見つけることができ、

苦楽を共にした友人とは今でも会ったりしている。」

              写真3.jpeg

◎大相撲の世界に入った理由は?

「相撲は見たこともなく知らなかった。高2の時は

就職しようと思っていたが、合同練習会に参加した時に

親方(鳴戸親方)に出会い、誘われた。のちに聞いた

話では"一目惚れした"とのこと。恵まれた体格

(当時190㎝、115㎏)をしていると言われ、

できる人も少ないのでチャンスがあるのであれば挑戦

したいと思った。親方がレスリング経験者で

あることもよかったと思う。相撲は1対1の対人競技で

自分が頑張った分が結果になり、全部自分に戻ってくる。

とても厳しい世界だけど、階級もなく強ければどんどん

上に上がれる。コロナ禍で大変だけど、今できることを

精一杯やろうと思う。」

◎現在の目標は?

「幕下にはいること。」

*番付は 序の口ー序二段ー三段目ー幕下ー十両ー幕内と

なり現在 三島さんは三段目。

大会=場所は初場所、春場所、夏場所、名古屋場所、

秋場所、九州場所と6回あり、三段目は1場所7回

取り組みがある。勝ち越せば番付を上げることが

できるが、反対に負ければ番付を下げてしまう。

7勝すればだいたい100枚ぐらいあがるとのこと。

◎最後に島根県の高校生のみなさんへのメッセージを

お願いします。

「3年生は最後の大会がなくなってしまった選手もいて

やるせない気持ちで今は辛い時期だけれども、高校時代

の3年間にやってきた活動は決して無駄ではなく、今後の

人生に繋がっていくと思うので頑張ってほしい。

1、2年生は大会がなくなり、練習ばかりと自分の成果を

みせることができなかったと思うけど、これからの大会で

やってきたことを見せることができるから、自信をもって

やってほしいと思う。」

             写真1.jpeg

島根県から応援してます!

     三島さんの今後の活躍に期待します!!!

<プロフィール>

本名:三島慧太 

所属:鳴戸部屋(元大関 琴欧洲)

三段目 西 83枚目(10月1日現在)

県立松江工業高校卒(令和元年度)

高校時代はレスリング部所属

3年次には国民体育大会(福井)で120㎏級で3位に

入賞する。


△このページの先頭へ