柔道競技大会最終日(2日目)

個人戦の決勝戦まで行われました。

各階級、白熱した戦いが繰り広げられました。

男子は、開星高校が5階級を制覇(60㎏級、73㎏級、81㎏級、90㎏級、100㎏級)

66㎏級は平田高校、100㎏超級は出雲西が制覇!

女子は、明誠高校が4階級を制覇(48㎏級、52㎏級、70㎏級、78㎏超級)

出雲西が2階級(57㎏級、78㎏級)、63㎏級は平田高校が制覇!

自転車競技大会最終日(個人ロード・レース)

晴天の中、一般の競技者と共に開催されました。

新体操最終日

団体戦からスタートし、個人競技まで行われました。

緊張感がある中での優雅な舞は見ている人たちを魅了していました。

陸上競技大会最終日(3日目)

晴天の中、トラック競技10種目、フィールド競技6種目が行われました。

中には、大会新記録が樹立された種目もあり、見ている人たちに感動を与えていました。

体操競技最終日

開始式後に競技が始まりました。

浜田高校放送部員の2人が進行及び感染症対策についての注意事項などを上手にアナウンスしてくれていました。

緊張感の中にも笑顔で演技する選手たちの姿が印象的でした。